その2

ここからは 私個人の言葉として書かせていただきます。
現在仙台中心部は随分と復旧しております。
しかし、一歩踏み出ると別世界のような光景です。私の家から出勤する道のりはとてもすさまじいものがあります。きっと今後、街の格差は広がるだろうと思うばかりです。
私自信は郊外の海岸通り近くの山なので津波の被害はありませんでした。
しかし生まれ育った街です。
私の周りは、多くの友達は家をなくし、親をなくし、家族をなくし、親戚をなくしました。
街は瓦礫の街となり、言葉など一つもありません。

今皆が『がんばれ』『がんばろう』と声をかけはじめています。
表面上はその言葉しかないのが痛いほどわかります。
しかし、被災した人々の多くが全てを亡くした今何をがんばればいいのか、何に気持ちを注いだらいいのかわからない状況です。自ら苦しい、助けて、の声をあげることが苦手な東北人です。避難所で過ごす友人も若い私達は苦しい何ていってられない、おなか空いたなんて赤ちゃんを抱えてるお母さんの前でいえない・・・そう言ってがまんを強いられています。
いろんな事をがまんして、そのうえ『がんばれ』なんて私にはいえません。

もしこのブログを読んでいただいて、いろいろ至らない私でよければ
沢山の辛かった事悲しかった事私に話してください。そして沢山泣いてください。
力になるとか立派なことはできません。
さをり仙台にきて泣いてください。
泣いて泣いて話して泣いて・・・そこからです。一歩を踏み出せなどとも言いません。誰かに話して泣いて、きっと振り返ったら、知らない間に何百歩も進んでいるはずです。

泣かないことが素晴らしいことではないのです。

だって、すべてを無くした今、後ろに下がることなどありえないのですもの。
前向きにならなくたって、気がついたら前にむいてるはず!!

まず さをり仙台に電話、顔見せにきてください。
話をするにはまだ・・・そう思うのなら 織にきてください。何もかも忘れて無になりにきてください。
現在さをり仙台は 火曜~土曜10:00から15:00までは必ずあいています。
いろんな交通事情から早く締めてしまう事や留守にすることもあります。
一報電話頂ければ必ずお待ちしております。

素敵なもの織ろう、こんなものを作ろう、なんて思わないでください。
さをり仙台にきて あわただしい空間から少し離れて 無になり、お話をしにきてください。

さをり仙台 高橋
コメント

ご自愛くださいね

SAORI仙台 高橋玲子さま

このたびの、東北地方太平洋沖地震により、多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げます。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。また、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

お電話で高橋さんの元気なお声が聞けて安心しました。
そして、予想以上に早いSAORI仙台の復活に驚きました。
遠くメディアでしかその惨状をうかがい知ることはできませんが、想像を絶する凄惨な光景や恐怖を味わったことでしょう。辛い悲しい虚しい想いは決して癒えることなく、その哀しみは月日がたつにつて増していくものなのかもしれません。

高橋さんの言葉に胸打たれました。
「沢山の辛かった事悲しかった事私に話してください。そして沢山泣いてください。力になるとか立派なことはできません。さをり仙台にきて泣いてください。泣いて泣いて話して泣いて・・・そこからです。一歩を踏み出せなどとも言いません。誰かに話して泣いて、きっと振り返ったら、知らない間に何百歩も進んでいるはずです。泣かないことが素晴らしいことではないのです。だって、すべてを無くした今、後ろに下がることなどありえないのですもの。前向きにならなくたって、気がついたら前にむいてるはず!!」

SAORIに関係ある人もない人もみんな、高橋さんみたいな人たちに会いに行って、一緒に泣いて話して哀しみを共感できたら、ほんの少しでも慰めになるのかもしれませんね。

高橋さん、2時間近くかけて適塾に通われるのは、普通の生活もままならない今、大変なことと思います。くれぐれもお身体に気を付けて、余力があれば、少しでも被災された方の慰めとなるべく、全国で応援しているSAORIみんなの代表として、力になってください。

この難局を乗り越えるべく、国民一人ひとりが一丸となって取り組んでいくことが重要と考えており、私たちSAORI関係者としても、私たちがなし得る支援を全力で取り組んでいきたいと考えていますので、ご要望があれば、遠慮なく「助けて!」と声を上げてくださいね。
高橋さん始め、素晴らしいSAORI仙台のスタッフのみなさま、これからもよろしくお願いします。頑張らなくていいですから、東北のみなさんの力になってください。

さをりの森 城 裕司

コメントの投稿

非公開コメント

機織り体験予約はこちらから
体験料 1500円
織り布材料費 15.5円/g
所要時間 2時間

体験時間
AM10:00~12:00
PM13:00~15:00

申し込み
是非この機会にさをり織りの楽しさを
味わってみませんか?
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索